夢にまで見た風俗生活

イメージが崩れても問題なし!

イメージって、言い換えれば自分で勝手に想像していたことじゃないですか。だからイメージが崩れることになっても特に問題ないと思うんです。この前の風俗嬢もそうだったんです。ホームページを見た限りのイメージとしては正統派美人風俗嬢。ともすればアイドル的な雰囲気もあるんじゃないかとか、勝手に脳内で補正がかかってしまっていましたけど、実際の彼女は確かに美人であはりましたけど、アイドルというよりはむしろ痴女(笑)こちらに対してアグレッシブに向かってくるテクニシャンだったんです。イメージからすれば全然違うキャラクターの風俗嬢でしたけど、だからといって楽しめなかった訳じゃないですしね。あくまでも自分が思い描いていた勝手なイメージとは違うってだけの話であって、実際にはとっても楽しめました。むしろ自分が思い描いていた彼女よりも、実際の彼女の方が風俗嬢としてレベルが上だったんじゃないかなって思うので、結果オーライかなと(笑)

選択肢は無限だけど、選ぶんです

ある意味、「無限」と言っても良いくらい幅広い選択肢を持つ風俗の世界。男にとってはありがたいものですけど、その中から一人を選ぶのは結構難しいですよね(笑)遊ぼうかなって思って軽い気持ちで遊ぶのも問題ないですけど、こだわりだすとキリがないのもまた、事実じゃないですか。男だって性欲に関しての欲求は青天井なんです。そうすると、じゃあ何をするのかって話になってくるじゃないですか。ポータルサイト、ホームページ、口コミ。SNSも入れても良いかもしれませんが、とにかく情報を集めて自分好みの女の子を一人だけ決めなければならないんです。それを面倒と考えるか、楽しいと考えるかによって風俗への距離感も変わってくるんじゃないかなって思いますね(笑)自分はそれもまた、楽しいんですよ。元々調べ物は好きなタイプなので、ポータルサイトでいくつかの風俗店を絞ったら、最後にホームページで最終チェックのための比較をするんですよ。