夢にまで見た風俗生活

めったにないことだからこそ

風俗で遊ぶ時間は滅多にないんですよね。だからこそ、貴重な面もあると思うんです。風俗はレアだなって思いもあるので、それならがっつり楽しみたいじゃないですか。それで自分でも思う存分楽しませてもらっています。むしろそうじゃないと勿体ないというか、たまにしか遊べないんです。それならその時間をより楽しみたいって思うのは当たり前じゃないですか。むしろそこで悔いが残るようなことになったら勿体ないんですよね。それよりも、とにかく自分なりに悔いを残さないために、いろいろなことを楽しみたいので女の子とのコミュニケーションだってしっかりとこなすよう心掛けていますし、特に大切にしているのが事前の情報収集です。いきなり見ず知らずの相手と楽しむって展開になるよりも、どんな女の子なのか分かっていた方がこっちだって安心感があると思うんですよね。それって案外重要なことなんじゃないですかね(笑)相手がどんな子なのか分かっていた方がいいと思いますしね。

ハマるかもしれないと思ったあの日の3P

3PはAVでは当たり前のように行われていますけど、日常生活の中で経験することはまず出来ないことだと思うんですよね。それだけに、風俗でなければ出来ないことだなって思っていたので、いずれは3Pもって思いはありました。そして、実際に3Pを楽しむ機会がやってきたんですけどこれがとっても楽しかったんですよ。まさかここまで楽しいとは思っていませんでしたし、本当に驚かされました。予想していたものとは別物というか、これこそ風俗の最高のオプションなんじゃないかなって思いました(笑)全然読めないんです。風俗嬢と二人きりであれば、どこを攻められるのかある程度読めるじゃないですか。でも3Pで、相手の風俗嬢が二人だと、何をされているのかさえよく分からないし、いわばいつもよりも攻め手が多いんです。あれは予期出来ない展開だなって思ったんですよね。それだけに、あの時のプレイは今でも覚えています。むしろあれはそうそう忘れられませんよ。