夢にまで見た風俗生活

ある意味、理想の風俗なのかもしれない

ソープはある意味で理想の風俗なのかなって思いますね。他のジャンルが嫌いとかじゃなく、ソープだけが飛び抜けていると言った方が良いのかもしれません。女の子の体そのものをしっかりと味わうことが出来るのは風俗の中でもソープだけなんです。そう思ったら、如何にソープが特別なのかということが分かるじゃないですか。そして、それは男が何より求めている部分でもあるじゃないですか(笑)本当の意味で本能を満たしてくれるのがソープだと思うんです。だから自分もまた、ソープにハマってしまったんですよね。いろいろなことを楽しみながら遊んでいますけど、ソープに行くと何をするとかされるとかじゃなく、勝手に自分のテンションが高くなっていることに気付かされるんです。そして、いつしか勝手に自分も腰を激しく動かして果てる。そこに待っているのは果てしない満足感だってことにも気付かされたんですよね。ここまで楽しめる風俗、他にないですよね。

自分の意志は大切にしている

風俗で遊ぶ時には自分の意志を出すようにしています。会社では自分の意志なんて出す必要は一切ないじゃないですか(苦笑)それこを言われたことを頑張っていればそれだけでいいんです。あれこれ気を使うような必要性はないんですけど、風俗で楽しむのであれば自分の意志をしっかりと考慮しなければならないなって。それを意識して、自分の理想は何かや、どういったプレイを楽しみたいのかをまずは相手の風俗嬢に伝えるようにしています。伝えれば、どの風俗嬢も何をすべきなのかが分かってくれるので、後は快感を受け取るだけなんです。つまり、話は決して難しいものではなくなるんですよ。風俗嬢だって何をして良いのか分からないなかでいざ「はい、頑張ってください」と言われたところで苦労するだけだと思いますけど、何をすべきなのかが分かっているなら、女の子だって話も早いじゃないですか。だからまずは何をしてもらいたいのか、自分の意志を伝えることを考えています。